遺言・相続・空き家

司法書士や税理士などと連携しワンストップサービスを実現します。

 権利関係が複雑な事例も多く、不動産登記や税務、宅建取引の専門家らと連携し、適切な初期対応をとることが重要です。

【過去の相談例】

  • 父母が相次いで亡くなったが、実家を離れていたためどんな遺産があるのか全く分からない。
  • 遺言書が見つかったものの、本当に父が作成したものか疑問だ。
  • 両親の介護を引き受けてきたので遺言書により全財産を譲り受けたが、兄弟が異論を述べており困っている。
  • 高齢の父の財産を、同居の兄が勝手に使い込んでしまわないか心配だ。
  • 実家の登記が昔から変更されていないため、関係者が多数となり収拾がつかない。
  • 相続した不動産が空き家となっており、維持管理や活用で悩んでいる。


 相続問題では、問題が長期間放置され権利関係が複雑になっているケースや、関係者の感情的な対立によって問題が深刻化・長期化するケースも多いです。また登記上の問題点や税務対策にも配慮した方針決定が必要となるため、弁護士以外の専門家と連携して適切な初期対応を取ることが極めて重要になります。
 各分野の専門家と連携したり、事案によっては複数弁護士が協力したりすることで、ご希望に添った最適な解決策を提案できると考えます。無料相談のみで解決の糸口が掴めるケースも多いので、まずはお気軽にご相談ください。

 

【特色】

  • 経験豊富な税理士や司法書士との連携も可能。税務対策や登記手続等もトータルサポートします。
  • 宅建士・空き家相談士資格も保有しており、住宅問題全般へのアドバイスが可能。
  • 権利関係が複雑な不動産等に関しては、土地家屋調査士や不動産業者などとも連携して最適な解決策をご提案いたします。
  • 大規模事務所の特長を活かし、複雑な事案にも複数弁護士が協力して当たることで、迅速・適切な対応が可能です。

【重点取扱案件】

  • 遺産分割(協議/調停・審判)
  • 遺留分減殺請求
  • 遺言書作成
  • 空き家問題
  • 任意後見、財産管理

【費用】

 こちらに料金表と費用例を掲載しております。是非ご参照ください。

 

 

 

 

 空き家問題にも積極的に取り組んでいます。空き家・相続については上記からも問い合わせ可能です。