建築・不動産の問題

【住宅紛争処理支援センター専門家相談員として多数の相談実績あり】

 適切な初期対応が円満・迅速な解決のカギです。

【過去の相談例】

  • 室内の全面リフォームを依頼したが、後日見積りに記載のない追加費用を請求された。
  • 高齢の両親が外壁塗装の訪問販売を受け契約を締結したが、料金が高すぎるので解約したい。
  • クーリングオフをしようとしたら、業者から「工事完了後はクーリングオフはできない」と言われてしまった。
  • 床板の貼替えを依頼したが、色むらや軋み音があるため修理や代金減額を求められないか。
  • 中古で一戸建てを購入したが、入居直後から雨漏りがしているため補修を求めたい。
  • 長期間賃料が未払いとなっている賃借人がいる。賃料回収と明渡しをスムーズに行いたい。


 住宅に関するトラブルは、長期化に伴い当事者間の感情的な対立が強くなる傾向にあります。また時効に関する規定が問題となるケースも多く、時間の経過によって選択肢が狭まってしまうことがあります。
 適切な初期対応が円満・迅速な解決のカギです。まずはお気軽にご相談ください。

【特色】

  • 住宅紛争処理支援センター専門家相談員として、多数の相談実績あり。
  • 必要に応じ、建築士や土地家屋調査士、宅建業者や税理士などの専門家と連携して問題解決に当たります。
  • 破産管財人や相続財産管理人として多数の不動産取引業務の経験あり。事案に即して柔軟な処理方針をご提案いたします。
  • 事務所には司法書士も在籍しておりますので、登記手続等もスムーズに行えます。

【重点取扱案件】

事業者、消費者を問わず、幅広く相談を受け付けております。

  • リフォームトラブル全般(施工不良、追加料金請求など)
  • 賃貸管理(未払賃料、土地・建物の明渡しなど)
  • 欠陥建築(新築/中古売買、請負工事など)

【費用について】

  • 構造的な欠陥や施工内容の当否などに関しては、建築士その他の専門家に助力を求める場合があります。この場合、通常案件よりも費用がかかることがあります。
  • ご依頼いただく場合の弁護士費用については、案件やご希望の解決方針、関与する弁護士数によっても変わります。相談時にしっかりとご説明差し上げますので、ご安心ください。